木更津最大級の情報サイト
ラーメン

木更津の「竹岡らーめん」では上総名物のラーメンと本格チャーシューが味わえます!

まず皆さんは「竹岡式ラーメン」をご存知でしょうか?
発祥は千葉県富津市竹岡。今では千葉県のご当地ラーメンであり、千葉県三大ラーメンに入るほど多くの人に親しまれています。

特徴はその独特な作り方です。

 スープにおいて、出汁は一切とらず、 チャーシューを煮込んだ醤油ダレに 麺を茹で上げた湯(または何も入れず沸かした湯)を入れるのみである。
その醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、 湯を加えることで見た目は濃いがまろやかな味のスープとなる。 薬味にはタマネギの角切りを使う。※wiki参照

そんな竹岡式ラーメンが木更津市でも味わえるんです!
その名もずばり…「竹岡らーめん」!

実際に「竹岡らーめん 清見台店」に食べに行ってきましたのでご紹介したいと思います。

竹岡らーめん

シンプルでインパクトのある「竹岡らーめん」という店名。登録商標もされていて、木更津市内でなんと4店舗も展開している人気チェーン店です。

今回来店した「竹岡らーめん 清見台店」はJR久留里線の祇園駅の通りと清見台のメイン通りが交差する交差点の近くに位置しています。「登録商標 竹岡らーめん」の看板と赤い建物が特徴的です。駐車場はやや広めなので入りやすく感じました。

店内に入ると元気な店員さんに空いている席に座ってください!と案内されました!店内は広く、座敷、テーブル、カウンター席と用意されていたので1人で来ても家族や友人と来ても良さそうです。

来店した時は12時半ぐらいだったのでちょうどお昼時。平日にも関わらず、お客さんが多く感じました。

メニュー

席に着くと、早速メニューを見つけました!

そこで注目してほしいメニューが味噌ラーメン!!
なんでもこの味噌ラーメンが美味しいらしいです。味噌好きのラーメン通の人におすすめされました!

竹岡式ラーメンで勝負していることもあり、ラーメンメニューよりもセットメニューが多いですね。

餃子も焼き餃子揚げ餃子から選べるようになっていました。

愛情たっぷり朝仕込み手包み餃子”だそうですよ!

餃子だけ楽しみたい方の為に餃烈定食も用意されていました。焼き餃子も揚げ餃子も味わえてうれしいの価格もリーズナブル…これは食べてみたいですね…。

また、写真が撮れなかったのですが店内には麺の固さやスープの濃さをカスタマイズできるという張り紙が貼ってありました。自分好みのらーめんに仕上がるのは嬉しいですね!

今回はせっかくなのでカスタマイズなしのらーめんを注文しました!

「竹岡らーめん」の竹岡ラーメン!


らーめん 580円

大きなチャーシュー!そして竹岡式ラーメン独特の刻みタマネギ

普通のらーめんなのにチャーシュー麺!?と思うほどチャーシューがのっているように感じます。そのほかの具はメンマ、のりです。

見てください!この肉厚!

「肉厚もあって大きいなら固いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし!なんととっても柔らかいんです!

大きく” て ”肉厚” もあるけど ”柔らかい” この3つのポイントが全部一つになっているのが竹岡らーめんのチャーシューです!

美味しすぎて麺を食べる前に先に2つも食べてしまいました!

真っ黄色の麺です!

食べやすい柔らかめの麺でした。スープと良く合います!スープは本家の竹岡式ラーメンよりも濃すぎなく、ご高齢の方やお子様でも食べられます

そしてタマネギ。シャキシャキした食感が堪らなくて止まらなくて…ついタマネギをすくって食べちゃいました。夢中になって食べていたのかあっという間に食べ終わってしまい、すぐに「また食べに来たい!」と思っていました。美味しかったです。

今度はチャーシュー麺にしたいと思いつつ、味噌ラーメンも気になる…でも餃烈定食も…!などと悩みながらレジで会計しました。ご馳走さまでした~!

まとめ

上総名物の竹岡式ラーメンを木更津で味わえて得した気分でした!
あの一杯が忘れられなくて今度はいつ来店しようかなと考えています。

「清見台店」「清川店」「太田店」「バイパス店」それぞれの店舗によってスープの濃さが違うとラーメン通の中で噂されているそうなので店舗ごとに食べ比べしてみても面白いかもしれません!

ぜひ「竹岡らーめん」のラーメンを味わってみてください♪

店舗情報

名称:竹岡らーめん清見台店
住所:木更津市清見台2丁目6-13
営業時間:11時~20時
定休日:なし
電話番号:0438-23-5991

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です